水鉄砲使用のルール

昨今、巨大で強力な水鉄砲が発売されており、小学校高学年にもなればきっと強力なほうがテンションが上がって楽しいかと思います。人の少ない広い場所で遊ぶのならば、強力であっても大丈夫かもしれませんが、小さい子供も含めて数百人が集まる場所では、強力すぎる水鉄砲は危険です。
10m以上飛ぶ水圧が近距離で目に当たったらどうなるでしょうか…?
大人でも怪我をしてしまうかもしれません。
もし自分の子どもが他人に怪我をさせてしまったら…?
「みんなが楽しめるウォーターバトル」にするために、以下の安全ルールの徹底をお願いします。

  1. (相手が大人であっても、)水鉄砲で顔を狙ってはいけない!
  2. 強力すぎる水鉄砲(※)は使用禁止!

※強力すぎる水鉄砲の定義について

強力すぎる水鉄砲とは「飛距離が10m以上になるもの」と定義したいと思います。
(飛距離が10m未満のもののみ利用可能ということです。)

禁止機種例:

【禁止】「WATER SPORTS ストリームマシン」【禁止】
飛距離が20m以上で間違いなく危険です。

【禁止】「BABCOO 水鉄砲 飛距離 10-12m」【禁止】
大人同士ならいいかもしれませんが、飛距離が10mを超えていて子供が使うには危険です。

【禁止】「BABCOO 大容量 水鉄砲 飛距離 10-12m」【禁止】
上のものとほとんど同じで危険です。そもそも子供には重すぎて扱えない気がします。

 

おすすめ機種例:

「弱すぎる水鉄砲では満足できない!」という子供たち。飛距離10m未満でも十分楽しめる機種がたくさんあります。おすすめはタンクが銃身と別になっていて、大容量で長期戦に備えつつも、軽快に取り扱える機種がおすすめです。

※おすすめ機種でももちろん顔は狙わないでね。

「ウォーターガン タンクスプラッシュ」
飛距離は7mあって十分強力です。タンクを背負う方式ので大容量で重くなっても動きやすいです。また、ポンピングが不要で小学生でもすぐに発射することができます。

「ウォーターガン ラブリータンク」
上記機種のラブリーバージョン。性能はほぼ同様です。

「ウォーターガン リュック」
上記と同様。かわいい見た目とは裏腹に、飛距離6m~8mで結構強力です。

 

おすすめ機種を用意しなくても十分楽しめると思います。みんなで安全に楽しめることを目指しましょう!

 

更新日:

Copyright© 灼熱!!ウォーターバトル! in 千里中央公園 , 2018 All Rights Reserved.